睡眠サプリの上手な用い方

サプリの有効成分について知る

睡眠サプリと言っても、目的は様々です。睡眠サプリを摂取することが初めてで、何を飲んだら良いのか分からない場合、睡眠薬を服用しているけど薬の量を徐々に減らしてサプリを中心に摂取したい場合、入眠障害や中途覚醒を感じる場合などの目的が挙げられます。睡眠サプリは目的別で選ぶことと、成分をよく確認することも大切です。
例えば、グリシンはアミノ酢酸の一種で、自然な眠りを導き、睡眠の質を高める働きがあります。
GABAはリラックス効果があると言われています。
Lテアニンはアミノ酸の一種で、リラックス効果と睡眠を促す効果があります。
ビタミンB1、B6、B12は、疲労回復と睡眠を促す効果があります。
これらは快眠には欠かせない成分と言われているので、有効成分が入っているものを選ぶことが大切です。

睡眠サプリ摂取の注意点

睡眠サプリは、あくまで食事では補えない成分を補給するためのもので、薬とは違って即効性がありません。睡眠サプリは一般的に3ヶ月ほど飲み続けなければ効果が出ないと言われているので、継続して飲むことが大切です。
サプリは薬とは違うので、副作用の心配はありませんが、睡眠サプリも過剰摂取には気をつけましょう。持病がある方は、服用中の薬との兼合いがあるため、かかりつけの医師に相談することも大切です。
体調が悪いときは、サプリの服用を中止し、体調の良いときに飲むようにします。含まれている成分にアレルギー反応を起こしている場合も考えられますし、更に体調を悪化させることもあるので、注意が必要です。
睡眠サプリとともに日頃の生活に気を付けることも大切です。寝る前にはカフェインを控えたり、スマホのブルーライトは目や脳を興奮させるので、寝る前のスマホは控えましょう。